2006年02月14日

愛に殉じます!

バレンタインデーらしいので、梨華家のパペット達がなにか企んでいるようです。

らいなβ「今年は頑張ってチョコ作るよー!」
ぱおろんβ「でも、私たちって今まで料理したことないよね、大丈夫かなあ…。」
しすたーβ「仕方ありませんわね、何をやらせても素晴らしい私が手伝いましょう。」

こうして、愛と情念が入り交じったパペット達によるチョコレート作りが始まりました。

ぱおろんβ「まず、チョコレートとバターを湯煎してと。」
pao_maze.jpg


らいなβ「小麦粉とベーキングパウダーとココアをふるいにかけて、卵とお砂糖もぽこぽこ入れて。」
laina_nozoki.jpg


しすたーβ「生クルミも砕いて入れますわ。」
sis_nuts.jpg



ぱおろんβ「なんか、これだけでも美味しそうな香りがするね。」
らいなβ「ああ、食べたくなっちゃった。」
しすたーβ「あなた方、これはプレゼント用ですよ!はしたない顔してる暇あったら作業を続けなさい!」
らいな&ぱおろんβ「はい、わかってるってば」

pakutsuki.jpg


紆余曲折を経て、ついに出来ました。
らいなβ「わーい、チョコレートブラウニーができたよー。」
ぱおろんβ「らいなβ、粉砂糖のデコレーション忘れてる!」

dekita.jpg


しすたーβ「さっそくお兄様達に渡しますわ。」

パペット女性陣から手渡されたパペット男性陣。
れおβ「(…らいなβが作ったのかあ、お腹壊したりしないよね?)」
らいなβ「変なこと考えたり残したりしたら、酷い目に遭わすから。」
しゃおろんβ「大丈夫ッス!せっかく作ってくれたから、きちんと食べるッス!」
じゃびっとβ「うう、ありがとうございます。」
まー君β「とりあえず食べたいー、早くしろー。」

boys.jpg


なんだかんだいいつつ食べることに。
実際食べたら初めてにしては美味しかったようで、あっという間にチョコレートブラウニーはなくなりました。

れおβ「疑って反省…。来年も作ってくれる?」
らいなβ「れおβがちゃんとしてくれたら。」


※おまけ
ちよ父「…。」
thiyo_choco.jpg




テロップ「撮影者のポカにより、色味がおかしくなったことを深くお詫び申し上げます。
なお、パペット達の衛生面には配慮しております。のでパクついているシーンはきちんと汚れをとった箇所を加えさせるようにしています。」
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13291620

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。