2006年05月11日

1つ勝つのがやっとだった投手は、内野手として偉大になりました。(石井選手2000本安打おめでとうございます。)

「布と糸に包まれし宴」番外編

こんばんは。僕は"ほっしーぞ"です。今日は"くらっち"さんところと交流戦です。
"くらっち"さんのチームの先発は愛敬選手といって、デビューしてから100試合以上の登板していて、一度も負けたことがないという凄い人です。ノムさんはその強運を買ってか先発に起用してきました。
もちろん僕たちのチームにも凄い選手がいます。石井琢朗選手。
内野の要としていつもチームを引っ張ってくれています。
石井選手、今日の試合で打てば2000本安打という大記録を達成できるというのです。

僕達は緊張しながら試合を見ていました。そうしたら1回裏、いきなりヒットを打ちました!
史上2人目の投手時代に勝ち星のある2000本安打選手というおまけ付きです。

おとさんや"ほっしーな"、選手のみんなで石井選手をお祝いしました。
佐伯選手だけ、"からすこ"にコブラツイストかけています。
4番の重圧から精神を楽にしたいということなのでしょうか?
チーム状況があまり良くない中の4番は本当に大変そうです。

これに立ち止まらず、これからもチームを支えてくれるといいなあと思いました。

……ちなみに僕たちは愛敬選手の記録更新のお手伝いもしてしまいました。ガクリ。

試合結果
横浜スタジアム
○愛敬 イーグルス8-4ベイスターズ ベバリン●

この記事へのコメント
 梨華さま、ご無沙汰しております。
 ジャイアンツに3連勝、おめでとうございます。
 それで覗きに来て、こちらの記事を見つけました。嬉しい記事です。
 いや、愛敬投手の記録更新に貢献したからではなく(^^;
Posted by Honeywar at 2006年05月15日 00:26
>Honeywar様
こちらこそお久しぶりです。
今年に入ってから更新が少なくてすみません(汗)。
苦しいながらも3連勝、素直にチームのみんなを褒めたい気分です。
石井選手の記事も気に入っていただきありがとうございました。


愛敬選手、このまま先発で使われて記録を更新し続けたら凄いと思います。
Posted by 梨華 at 2006年05月16日 01:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

勝ちたかったね、2000本
Excerpt: プロ野球を代表する「はにわハンサム」(笑)・石井琢朗選手が2000本安打達成! 試合は、野手陣が必死につないで奪った1点のリードを投手陣が守りきれない....
Weblog: Honeywarの野球日記
Tracked: 2006-05-15 00:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。